iPadとキーボードをあえて別で持つ理由

iPadには、Magic KeyboardやSmart Keyboard Folioのような、カバー一体型のキーボードがありますが、私はあえてカバーとは別の Bluetoothキーボードを使っています。

私が愛用しているのは、こちら。

ロジクール ウルトラ ポータブル ワイヤレス キーボード KEYS-TO-GO

ロジクールの超薄型キーボードです。

厚さ6mm。重さはたったの180g。

私は、外出時の荷物を極力軽くしたいのです。軽さが第一。

なで肩のせいか、カバンのストラップがすぐずり落ちたり、すぐ肩が凝ってしまうので。

純正のMagic Keyboardはそりゃあかっこいいと思います。でも私には重すぎる。

Magic Keyboardが600g。11インチiPad Proが約470gなので合わせると余裕の1kg超えです。私はパソコンを選ぶ時も、1kg以下が条件なので、iPadで1kg超えるなら普通にパソコン持って行った方がいいと思ってしまいます。

iPadのカバーはESRのものを使っています。フラップでApple Pencilを固定できます。

フラップがないと、カバンの中でApple Pencilがすぐはずれて落っこちていて、すごいストレスでした。このケースのように、Apple Pencilが固定できるのはそのストレスがなくて快適です。

ケースの重さは300g。KEYS-TO-GOと合わせて480g。iPadとカバー、キーボード合わせると950gになります。

意外に重いな。。笑

どっちにしろトラックパッドがないということを考慮すると、Smart Keyboard Folioはケースとキーボード一体型で約300gなので、そのほうが軽くていいのかもしれませんが、Apple Pencilを固定できる点で、私はESRのカバー+KEYS-TO-GOを選びます。

また、動画を見る可能性はあるけど、タイピングをする可能性はかなり低い、というような日は、キーボードを置いて行くこともできます。

というわけで、私はこの3点セットで持ち歩いています。

キーボードの打鍵感は独特で、けっこう重いですが、慣れてくるとなんかちょっとクセになる感じです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる