【おすすめ】自己紹介代わりの小説

本棚を見ればその人が分かる、と言うように、何回も読み返したい大好きな本を並べると、その人がどんな人かなんとなく分かるのではないでしょうか。

そこで、自己紹介代わりに私の大好きな小説を並べてみたいと思います。

目次

『ペンギン・ハイウェイ』森見登美彦

小学5年生のアオヤマくんの街に突然ペンギンが現れる。歯科医院のお姉さんがペンギンに関わっているらしい?大好きなお姉さんを救うために必死で頑張るアオヤマくん。最後にちょっと大人になったアオヤマくんの姿に、母親目線で読んでいた私は一抹の寂しさを感じてしまいました。

Audibleに加入している人は、ぜひオーディオブックでも聴いて欲しい!安國愛菜さんのナレーションが最高です。好きすぎて紙の本とKindle、オーディオブックに映画のBlu-rayとコンプリートしました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる